乳酸菌サプリ10選|種類とエビデンスで選ぶおすすめランキング

1:目的にあったサプリを選ぶ。

乳酸菌にも多くの種類があり、菌の種類によって働き方が異なります。乳酸菌サプリもそれぞれ目的に合わせた乳酸菌を配合しています。

乳酸菌サプリを選ぶための第1のポイントは、自分の悩みに合ったサプリを選ぶということです。

便秘、ダイエット、肌トラブルなど、自分自身が解消したい悩みにフォーカスしているかどうか、確認するようにしましょう。

2:試しやすいサプリを選ぶ。

乳酸菌サプリには相性があります。たとえ口コミで高評価であっても、自分の体質や腸内環境に合うどうかは飲んでみるまで分かりません。

どんなに成分が良くても最初から高額なサプリを買うのはリスクが高いのです。

注意したいのは「最低○回の継続が条件」という、いわゆる「定期縛り」があるサプリです。相性が合わなかった場合を考えると、途中で解約できないサプリは避けたほうが無難かもしれません。

価格だけでなく「いつでも止められるかどうか」しっかりチェックしましょう。

※当サイトでは途中解約ができないサプリは紹介しません。

3:エビデンスがあるサプリを選ぶ。

エビデンスとは「根拠」です。

サプリメントの原料である乳酸菌の多くは、研究・実験によって優れた働きが実証されています。

そのため、サプリに含まれる乳酸菌に、しっかりとデータの裏付けがあるほうが信頼できるサプリだと言えます。

当サイトでは、公式サイトに載っていない情報も含めて、論文や研究データを参考にした上で、おすすめできる乳酸菌サプリのベスト10をピックアップしました。

ビヒダスBB536

価格(初回):500円
乳酸菌の種類:ビフィズス菌BB536
こんな人におすすめ:便秘で悩んでいる人

  • ビフィズス菌研究の第一人者である森永乳業が厳選した、BB536菌を使用したサプリです。
  • BB536菌は、他のビフィズス菌に比べて、生きたまま大腸に到達することができます。
  • 腸内のビフィズス菌の増加(腸内環境の改善)、排便回数の増加、便の臭いの減少が実験により確かめられています。
  • 価格も500円と試しやすいので、便秘で悩んでいる人はまず最初に試したい乳酸菌サプリです。
  • 参考文献:
    『ビフィズス菌BB536を含むヨーグルトの少量での整腸作用』
    『ビヒダスBB536ヨーグルトの摂取が肉食時の腸内環境変化を予防』
    『ビフィズス菌による「整腸作用」と「免疫調整作用」』

    アレルライトハイパー

    価格(初回):980円
    乳酸菌の種類:リフレクト乳酸菌(ラクトコッカス・ラクティス T-21株)
    こんな人におすすめ:皮膚や粘膜の健康を維持したい人

  • 一般の食品からは摂取できない特殊な植物性乳酸菌「リフレクト乳酸菌」を使用しています。
  • リフレクト乳酸菌(T-21株)はアレルギー症状に対する効果が実証されている乳酸菌です。
  • さらに肌や粘膜の健康維持に重要な栄養素であるビオチンもたっぷり配合されています。
  • 肌や粘膜のトラブル対策として、ぜひ取り入れたい乳酸菌サプリです。
  • 参考文献:
    『日清食品が花粉症等のアレルギー症状を抑える「リフレクト乳酸菌(T-21株)」の効果を発見』
    『新発見の「T-21 乳酸菌(特許出願中)」の摂取により花粉症・通年性鼻炎の症状が緩和されることをヒト試験で実証』

    花菜の選べる乳酸菌

    価格(初回):1,980円
    乳酸菌の種類:ビフィズス菌、ラブレ菌、フェカリカス菌など合計8種類
    こんな人におすすめ:乳酸菌を飲んでも実感が続かない人。

  • 種類(8種類)も菌数(5,000億個)と、かなり高品質な総合型乳酸菌サプリメントです。
  • 2種類を交互に飲むことで、体が乳酸菌に慣れてしまうマンネリ化を防ぐようになっています。
  • これまで他の乳酸菌サプリで満足できなかったり、実感が続かなかった人は一度試してみる価値があります。
  • カルグルト

    価格(初回):980円
    乳酸菌の種類:ビフィズス菌B3、ラクリスS、ラブレ菌、ガセリ菌、乳酸菌抽出物
    こんな人におすすめ:健康的にダイエットしたい人

  • 日本人の体質に合わせて5種類の乳酸菌をブレンドしたサプリです。
  • 配合されている乳酸菌はどれもエース級です。ラブレ菌、ガセリ菌は単体でサプリメントや乳酸菌飲料になっていますし、ビフィズス菌B3はいわゆる「ヤセ菌」として、体脂肪に対する働きが近年注目されている乳酸菌です。
  • 低価格ながら、これひとつで有名どころをカバーできる、オールインワンの乳酸菌サプリですね。
  • 参考文献:
    『ビフィズス菌B-3(ビースリー®)による抗メタボリックシンドローム効果』

    ライラック乳酸菌

    価格(初回):980円
    乳酸菌の種類:有胞子性乳酸菌(ライラック01株)
    こんな人におすすめ:便やオナラの臭いが気になる人。

  • もともと腸に届きやすい有胞子性乳酸菌の中でも特に強い菌を選び、さらに独自カプセルを採用することで、腸の奥まで乳酸菌を届ける工夫がされています。
  • 乳成分を使用せずにカプセルまで完全植物性にするなど、とにかく「臭わないこと」にこだわった乳酸菌サプリですね。
  • 乳酸菌革命

    価格(初回):2,730円
    乳酸菌の種類:ラブレ菌、ガセリ菌、有胞子乳酸菌など合計16種類
    おすすめ:色々な乳酸菌をまとめて摂りたい人。

  • 全16種類という多種類の乳酸菌を配合した乳酸菌サプリです。
  • ラブレ菌やガセリ菌など、主要なものがカバーできているだけでなく、耐酸性カプセルを採用し、確実に乳酸菌を腸に届ける工夫もされています。
  • 色々な乳酸菌をまとめて摂りたい人に便利なサプリですね。
  • EC-12(久光製薬)

    価格(初回):1810円
    乳酸菌の種類:EC-12菌
    こんな人におすすめ:バリア機能を調整する乳酸菌を摂りたい人

  • 久光製薬の「EC-12」にはECー12菌(エンテロコッカス・フェカリス菌)が1兆個含まれています。EC-12菌は他の乳酸期に比べて小さな菌なので、一度に多数の配合・摂取が可能なんですね。
  • ECー12菌はバリア機能を調整する働きがあるとされる代表的な乳酸菌です。
  • 便秘でない人でも、健康目的で摂取する価値はあります。
  • 参考文献:
    『高密度濃縮殺菌乳酸菌ECー12』

    乳酸菌EC-12 (DHC)

    価格(初回):1,286円
    乳酸菌の種類:EC-12菌
    こんな人におすすめ:ECー12菌を少量から試したい場合

  • DHCの乳酸菌サプリ「乳酸菌ECー12」には、ECー12菌が5,000億個含まれています。
  • ECー12菌が2倍(1兆個)含まれている久光製薬のECー12のほうが初回コスパは良いです。少量ずつ試したい場合はDHCのECー12を選んでもよいでしょう。
  • Noale(ノアレ)

    価格(初回):2000円※定価
    乳酸菌の種類:KW乳酸菌
    こんな人におすすめ:季節変化による悩み

  • キリンビールと小岩井乳業が共同研究の結果発見したKW乳酸菌を使用しています。
  • キリンビール基盤技術研究所によれば、KW乳酸菌(KW3110株)は花粉症において一般的な乳酸菌株に比べてアレルギー改善効果を持つことが示唆されています。
  • 参考文献:
    『抗アレルギー効果のある乳酸菌KW3110株の発見と活用』

    ビフィーナEX

    価格(初回):4,320円
    乳酸菌の種類:ビフィズス菌BB536
    こんな人におすすめ:BB536菌をより機能的に摂取したい人

  • 便通を改善する機能があることが確認されているビフィズス菌「BB536」を配合し、森下仁丹独自のハイパープロテクトカプセルでより腸に届きやすい形状になっています。
  • 高機能なだけにちょっと高価なので、まずはBB536菌が500円で試せる「ビヒダスBB536」を使ってみてもよいでしょう。
  • まとめ

    「結局どれを選べば良いの?」と迷ってしまうかもしれません。そんな時は次の2択から選んでみてはいかがでしょうか?

    もし便秘なら『ビヒダスBB536』が一番おすすめです。

    肌で悩んでいるなら『アレルライトハイパー』がおすすめですね。

    最終的に体に合うかどうかは、飲んでみないと分からないので、まずは試してみることが大切ですよ^^