トイレットペーパーに血がつく|放っておいても大丈夫?

便秘が原因で痔になってしまう人は多いです

便が硬い時などに、お尻がわずかに切れてしまった場合は、自然に治ることも多いのですが、万が一、イボ痔や切れ痔に発展してしまうと大変です

排便時に痛みを伴うようになったり、普通のイスに座ることもできず日常生活にも支障が出てしまいます

もしあなたが排便時、強い痛みを伴う状態であれば、できるだけ早く病院に行くことをおすすめします

お尻が切れてしまう原因は便が硬いことですが、便の中に含まれる水分量が少ないので乾いて硬くなります

なぜ便に含まれる水分量が減ってしまうのかというと、私たちの体全体として水分が不足しているからなのです

私たちが水やお茶を飲んだあと、水分は大腸から体内に吸収されます

肌や脳や細胞など、体中の水分が足りていれば、便から必要以上の水分が抜き取られることはありません

しかし、脳や筋肉、肌に水分が足りていないと、、腸は「もっともっと!」と水分を吸収します

その結果、大腸内の水分は減少し、便が硬くなります

便が硬いのは、体全体が根本的に水不足だからなのです

こまめに水分補給をすることで、便が硬い問題の70パーセントは解決するといわれています。

残りの30パーセントは、腸のぜん動運動という便を出す動きが弱いことです。

便ができてから排泄されるまでの時間が長くなるので、古い、腸の下の方にある便は水分が届きにくく、乾きやすくなります

つまり腸を元気にして、ぜん動運動を活発にすることで、古い便を溜めないようにすることも大切なのです

ぜん動運動を活発にするには、腸内の善玉菌を増やしてあげることが大切です。悪玉菌が腸内で増えると、腸に毒素がたまり
腸の活動が低下してしまいます。

善玉菌を増やすことで、腸が本来の排泄能力をしっかり発揮してくれますよ