固い便を柔らかくする食物繊維の種類|水を飲んでも便秘が治らない人向け

2、3日以上出ない便秘のほとんどは便がカチカチに固まってしまうことが原因だと言われています。

健康的な便の7割は水分だと言われているので、便の中の水分が少なくなれば、ただそれだけで排便のリズムが数日に一回程度になってしまいます

水を飲むだけでは改善しない場合

軽度の便秘の場合は、こまめに水分を摂取することで便の水分量が上がって便質が改善されるといったケースもありますが、

おそらく、ここを読んでいるあなたは、すでに水分摂取は心がけていると思います

水分をとっただけで解決していませんよね?

ひどい便秘の場合、
便の水分量を上げるためには、
ただ水を飲んでも効果がありません

石のように硬くなった便はうまく水分を吸収してくれないので、ただ尿の頻度が増えるだけだったり、腸の状態によってはガスが増えたり、腸液が出たりするだけでかえっておなかのストレスが増えてしまったかもしれません

便の水分量を上げる

腸の中は目に見えないですが、
じつは腸のしくみは肌とよく似ています

肌を保湿するためには
ただ水をパシャパシャかけてもだめですよね?

肌を保湿するためには、肌を乾燥から守るために適度に油分を与えたり、ヒアルロン酸などの保湿剤を与えるのが効果的です

便の水分量を上げて健康的な便をつくるのも肌の保湿と全く同じメカニズムです

適度な油分で水分を閉じ込めるのと同時に、ヒアルロン酸のような保湿剤を増やしてあげることです

うまく水分・油分・老廃物が腸内でミックスされて健康的な便が作られるようになります

まず水溶性食物繊維

腸内の保湿剤の役目をするのは
水溶性食物繊維という成分です

「食物繊維なら十分とってます」

と思うかもしれませんが、ほとんどの食物繊維は不溶性食物繊維です

食物繊維には『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』がありますが、穀物(玄米、オールブランなど)や野菜に含まれるほとんどの繊維は不溶性食物繊維です


私の場合、オールブランなどは逆に便が詰まってしまうこともありました

水溶性食物繊維は水分を吸収してジェルのようになります

こんな感じです→

不溶性食物繊維の場合、ジェル状には混ざりません

不溶性食物繊維の場合、
人によっては便が逆に詰まってしまったり、ガスが異常に増えるなど、逆効果のこともあります

少量でも効果の高い繊維を選ぶ

水溶性食物繊維といっても、数百もの種類があります

スキンケアを思い出してほしいのですが、

グリセリン、ヒアルロン酸など、色々な保湿剤がありますよね?

食物繊維も同じです


洗浄や保湿など、
腸のケアはスキンケアと同じなんです

大切なことは、食物繊維によって、
少量でも保湿効果の高い水溶性食物繊維
それほど保湿効果のない水溶性食物繊維
が存在することです

もちろん、便通以外にも色々な効果があり、たとえば海藻類に含まれる「フコダイン」という水溶性食物繊維は、免疫力を高める効果が高いものです(風邪やインフルエンザ予防、大量管理にはお勧めです)

現時点で、私の知る限り、便通改善効果の点で、もっとも効果の高い成分は、『サイリウム』という食物繊維です

1日の食物繊維量は20g以上と推奨されますが

サイリウムの場合、わずか数gで高い便通改善効果があると言われています

⇒サイリウムサプリ『イサゴール』

下痢の心配はない?

効果の高い成分だと逆に下痢になってしまうかも?と心配するかもしれませんが、その点は大丈夫そうです

なぜなら、
便の水分バランスを整えることで、
軟便や下痢を改善する効果もある
からです

たとえばヒアルロン酸のように保湿効果の高い成分を使っても、肌がふやけてしまうわけではないですよね?

それと同じなんです

ダイエット効果も期待できる

サイリウムの不思議な作用として、
不要なコレステロール(油分)を排出する
といううれいしい効果があります

上の方でお話したように、
健康的な便には適度な油分が必要です

サイリウムは食事から不要な油分を吸着することで、体に吸収される脂肪を減らしながら、便質を改善してくれる効果があります

つまり、ダイエットと便秘改善の両方に効果があるんです

欠点は食事では取れないこと

サイリウムの唯一の欠点と言えるのが
食事からの摂取することができない
ということです

少なくとも私は、
サイリウム入りの食品というものを知りません

そこで、サイリウムのサプリメントを試すことにしました

少量で効果の高い成分なので、
サプリ向けの成分といえます

⇒私が試したサイリウムサプリはこちら

⇒私のサイリウム体験記はこちら