たくさんの種類のヨーグルトがあるけど、どれが本当に便秘に効くの?

ヨーグルト食べてますか?

便秘に悩む私たちにとって、ヨーグルトは欠かせない食品です
ただ、最近は色々なヨーグルトがあって、
それぞれ「腸に届く」とか「免疫力を強化する」とか
いろんな効果・効能をうたっているので迷ってしまいます

このサイトを読んでくれているということは
おそらく便秘で悩んでいると思うので
どんなヨーグルトが便秘に効くのかお伝えしたいと思います

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていて、
ヨーグルトの効果は乳酸菌の種類によってきまります

乳酸菌はそれぞれ住み着く場所や働きが違うのですが
便秘の改善を考えた場合、大腸を元気にしてくれる
乳酸菌を摂取するべきなのです

大腸を元気にしてくれる菌とは、
ずばり、ビフィズス菌です

赤ちゃんの腸はビフィズス菌が90パーセントと言われ
文字通りピンク色の腸です

ところが、二十歳を超えるとビフィズス菌は
10~20パーセントまで減ってしまい
年齢が上がるごとに減って言ってしまいます

ガン患者の場合は特にビフィズス菌が少ないことからも
ビフィズス菌の数は健康状態をしめしていると言われます

ビフィズス菌は主に大腸に住み着いて
老廃物の排泄を手伝ったり、
腸のぜんどう運動を活発にしてくれます
まさに便秘解消の救世主なのです

ビフィズス菌はメジャーな菌なのですが
空気のあるところでは生育しにくいので
培養には手間や時間、費用がかかります
そのため意外とヨーグルトには含まれていません

他の乳酸菌も便秘に効果はあるので
ヨーグルト自体が無意味ではないのですが
せっかく毎日食べるのであれば
ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べましょう