固い便が出そうで出ない場合|すぐ出す方法と予防する方法

便が肛門付近まで来ているのに詰まって出てこない・・おしりにフタをされたような状態でとてもいやな感じですよね

肛門付近の『直腸』という場所に便がつまってしまっているので、直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)と呼ばれています

直腸性便秘の場合、ついつい長時間トイレでいきんでしまいますが、長い時間、腸に圧力をかけつづけることには色々と問題があります

まず、痔のリスクが高まります
特にイボ痔になりやすいと言われます

いぼ痔は腸の血管が鬱血することで発生しますが、肛門に力を入れることで、血液が集まりますのでその分鬱血しやすくなってしまいます

痔になってしまうと、さらに便秘が悪化したり、場合によっては手術の必要が出てしまいます

次に、大腸に憩室が発生しやすくなります
憩室とは腸が横に飛び出てポケットのような
膨らみが出来てしまうことです

直腸に便がつまり、出口がふさがれた状態で、腸に圧力をかけることで、腸が横に飛び出る大腸憩室症の発生リスクもあります

大腸の憩室が出来てしまうと
まず宿便がとても溜まりやすい状態になり
腸内腐敗がほぼ常時発生したり、
憩室炎という炎症が起きる可能性もあります

あまりにひどい直腸性便秘の場合、何度いきんでも出ない場合はいったん出す努力をやめておいて、自宅に戻ったタイミングで摘便(てきべん)を行う方法もあります

摘便とは、ビニール手袋などをして、指を肛門に入れて、便を柔らかくしてあげることです

ちょっとやりたくないと思いますが、実際には多くの人が行っている方法でもあります

直腸性便秘の場合、食物繊維の摂取には注意が必要です

出口にフタがされている状態なので
食物繊維の『種類』によっては、
便の量を増やして逆にお腹をぱんぱんに
張った状態にしてしまうこともあります

直腸性便秘の場合、『不溶性食物繊維』の摂取はできるだけ控えた方が賢明です

ナッツやごぼう、穀類には不溶性食物繊維が多いです。つまり、食べ過ぎると『詰まる』原因になってしまうんです

逆に『水溶性食物繊維』は便に水分を与えて柔らかくしてくれるので積極的に摂取しましょう

水溶性食物繊維はこんぼやわかめなどの海藻類、リンゴ、ミカンやお芋に多く含まれます

食物繊維の中には水溶性と不溶性両方の性質を持つタイプもあります。

便を柔らかくする効果と、腸を動かす効果があるので、特に便秘解消効果が高いとされています。

医療機関でも使用されている「サイリウム」という繊維が特におすすめです。

⇒私が愛用しているサイリウムサプリ

水分の摂り方にも注意が必要です

一気に水分を取り過ぎてしまうと、出口のほうが詰まったまま、上のほうだけが柔らかくなってしまいガスが発生してしまうこともあります

経験があると思いますが、出口がつまった状態でガスが発生するとお腹がパンパンになってとても苦しいですよね

それに、おならの音もすごいです
「ブー!!!」
って大きな音が鳴って恥ずかしいですよね

固い便を柔らかくするためには水分量はとても大切なのですが、一気に飲まずに、少しずつ飲んだほうが良いです

直腸性便秘を予防したり、改善するためには、水溶性食物繊維の多い食事をとり、こまめな水分摂取を心がけましょう

水溶性食物繊維、水分に加えて適度な油分も便の通りをよくするために必要です

良質なオリーブオイルをスプーン一杯程度飲むと便の滑りを良くして快便に導いてくれますよ