お腹の張りが苦しい|ガスがたまりにくい体質をつくる

お腹がぽこぽこしてしまうのは辛いですよね
ちょっと動くとおならが出てしまいそうで
座ったり立ったりするときにも気をつかってしまいます

特に便秘の時はお腹がぽっこり張ってしまい、
腹痛を感じることもあると思います

便秘の時にいやなことで、
ガスが溜まることをナンバーワンに挙げる人も
珍しくありません

せめてガスが溜まらなければ、辛い便秘も
いくらかは楽になるかもしれません

ちょっと考えてほしいのですが、
そもそもお腹のガスはどのように発生するのでしょうか

ガスには、口から入った空気と消化液が混ざる課程で発生するガス
そして腸内細菌が発生するガスあります。

発生したガスのうち通常は90パーセントは腸の血管から吸収されて
肺に入り込み、呼吸で吐く息と一緒に排出されます

残り10パーセントは腸内にとどまり、
おならやげっぷになったり、お腹ぽっこりの原因になります

便秘の時にガスがお腹に溜まってしまう理由は
まず、腸内細菌のうち悪玉菌が増殖しやすく
悪玉菌の発生するガスが増えてしまうことです

次に腸には便がつまった状態なので
本来なら少しずつ漏れているガスが漏れなかったり
おならの時に、勢いよく出てしまうので
音の大きな、しかも臭いおならになってしまいます

さらに、ガスに毒素がたくさん含まれるので
腸が拒否反応を示して、血液中にはあまり空気が入らず
腸内にたくさんのガスが残ってしまう可能性もあります

また、ガスに多くの毒素が含まれると言うことは
多くの毒素が肺に入り、息と一緒に出てくることになります
つまり便秘の時は息が臭くなります

解決策として、便秘自体を改善できればベストですが
腸内で善玉菌を増やして悪玉菌が発生しにくい腸環境をつくれば
かりに便秘気味の時も、ガスの発生が減って、臭いもあまり抑えられます
便秘時以外にもおならの臭いを少なくすることにつながります

悪玉菌を増やす食べ物は肉などの消化に悪いタンパク質や白砂糖です
腸内環境は年をとるごとに悪くなっていきます
とくに善玉菌の代表のビフィズス菌は年々減少していきます

年齢が上がるほど、腸のケアをしないと
ガスも発生しやすい体質になってしまうのです