おならが多いし臭い|せめて臭いだけでも減らしたい

便秘中はガスが溜まりやすく、どうしてもおならも多くなりがち・・

便秘はともかく、ガスはばれないように出したいですよね(笑)

ところが、便秘中のおならはとにかく臭い!

デスクワーク中に『脚を組み替えた瞬間に少しずつガスを解放するテクニック』も、歩きながら少しずつ出す技術も使えない状態・・

万が一、この状態で臭いを漏らそうものなら、臭いに感づいた同僚や上司はおそらく眉毛を寄せ、、

「ちょっと臭くない?」

とでも言いたげな例の表情をするのでしょう・・

せめて、臭いだけでもどうにかしたいですよね

でも、そもそもオナラって何で出来てるか知ってますか?

実は腸内のガスの99パーセントが空気で出来ています

本来、腸内で発生したガスは少しづつ外に出ていくのですが、便秘で腸がつまっていたり、悪玉菌や腐敗物が大量発生したことが原因で、ガスが大量に発生してしまうと、臭ーいオナラになります

99パーセントが空気とはいえ、残りの1パーセントの、スカトール、インドールといった悪臭成分がオナラ特有の臭いを作り出しています

便秘の時のおならが臭いのは、悪臭成分を作り出す悪玉菌が多いからです

焼き肉の次の日のおならや便が臭いのは、悪玉菌はタンパク質を栄養源に増殖するからです

さらに慢性的な便秘状態が続くと腸内が悪玉菌優性の環境になってしまい、便が溜まっていなくてもおならは超臭い!という状態にもなりやすくなります

分かりやすく言うと、オジサンのおならに近くなります(笑)

おならや便が臭いのは悪玉菌が多いことが原因なので、ただ便を出すだけでは不十分です

悪玉菌優位の腸内では、老廃物や便がすぐに腐敗してしまうので少ない便でも臭いは強烈です

腸内を善玉菌優位のきれいな状態にすれば、便秘が改善するだけでなく、おならや便の臭いも少なくなりますよ